アマゾン(amazon)で初心者が中古の本などを販売してお小遣いを稼ぐ方法。 これを読めば基本が良く分かる!

いくらの本を仕入れるか?

『いくらの本を仕入れるのか?』には2つの意味がある。

  1. いくらで売っている(買う)本を仕入れるのか?
  2. いくらで売れる本を仕入れるのか?

これは“せどり”のスタイルにも関係している。
アマゾンでいくら稼げるのか?

“せどり”というとBOOKOFFの105円コーナーだ。
そこで、いくらで売れる本を仕入れるか?

いくらで売れるか(予想)は携帯サーチで大体わかる。
この時、薄利多売(例えば500円以下)でいくのかある程度利益(例えば500円以上)を 見込んで仕入れるのかで仕入れる本が分かれる。
アマゾンで本を売ってどれだけ利益が見込まれるかは アマゾンマーケットプレイスの手数料で計算して欲しい。

「“せどり”とは仕入れたものを何倍もの値段で売るものだ。」という考え方もある。
在庫数を抑えて利益を上げるためには少なくとも、1冊で1000円の利益は確保したい。

105円コーナーでも1冊で1000円以上の利益を確保できるものもある。
しかし、確実に定価以上で売れるのであればプロパー棚(通常定価の半額で売っている)で本を仕入れるだろう。
また、他のリサイクルショップで定価以下で仕入れることもある。
さらに、確実に売れる本であれば、定価で仕入れをするということもありだろう。

それでは定価以上で売れる本をどうやってみつけるか?
それには、携帯サーチリストで仕入れることが必要だ。
さらに、リストから電脳仕入れを行う。

■アマゾンで稼ぐノウハウ
【せどりで稼ぐ!】1円が相場の古本を2,000円で売る、「例の方法」じゃない方法 の単品販売は終了して「せどりバイブル」の特典になっている。

アマゾンに出す本の仕入

アマゾンで初心者が稼ぐ方法トップへ戻る

「せどり」ノウハウ

サイトマップ

スポンサーリンク

相互リンク募集

●当サイトはリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は 相互リンク募集 をご覧ください。

ネットで稼ぐ

電脳せどり

楽天市場
BOOKOFFで中古の本などを売買