アマゾン(amazon)で初心者が中古の本などを販売してお小遣いを稼ぐ方法。 これを読めば基本が良く分かる!

ホームページアクセスアップのノウハウ

ホームページ(ウェブサイト)のアクセスアップもブログのアクセスアップと基本は同じ。
但し、ブログにはコメントやトラックバック機能があるが、ホームページにはない。

従って、よりSEO(検索エンジン最適化)に留意する必要がある。
その最大のポイントはタイトルである。
そして、説明文。

Yahoo!やGoogleの検索結果で上位に表示されても、タイトルと説明文が興味を引かなければ、誰もクリックしない。
キーワードを含めるのは当然として、興味を引くタイトルと説明文を付ける。

しかし、だからと言って、サイトのコンテンツのテーマ(内容)と違うものをつけるのは、問題である。
単なるだましページであって、検索エンジンからもスパム判定を下されるであろう。

テーマ(内容)に関連したタイトルと説明文を付けることが最低条件である。
そして、文字数であるが、私はタイトルには20文字、説明文は最低40文字を宛てている。

ここまで、タイトルという言葉を使ってきたが、SEO的に重要なのは、ブラウザの上に表示されるtitleタグである。
そして、サイトが複数のページの場合、title・説明文・キーワードはページ別に変えるのが基本だ。

トップページがあって、その下に小ページがあるイメージである。
各ページにキーワードを2〜3ずつ入れる。
キーワードが5個以上あるのは問題である。(何についてのページかが分らない。)

ホームページのアクセスアップ

スポンサーリンク

アマゾンで初心者が稼ぐ方法トップへ戻る

「せどり」ノウハウ

サイトマップ

スポンサーリンク

相互リンク募集

●当サイトはリンクフリーです。
相互リンクご希望の方は 相互リンク募集 をご覧ください。

ネットで稼ぐ

電脳せどり

楽天市場
BOOKOFFで中古の本などを売買